忍者ブログ
マンガ家Mの日常
タイトル通り、気楽なラブコメ映画。
主演のクリス・エヴァンスの名前に引っかかって録画したんだろうけど、
何の映画に出ていたんだか、よく覚えていなかった。
Wikiで見直すと、「gifted」のおじさんの役は覚えてたけど、
1番ヒットした「キャプテン・アメリカ」のシリーズを見ていないので、
まだ印象に乏しい。


「私」は映画の脚本家。
次回の超大作アクション映画の脚本を手がける事を条件に、
ロマコメ映画の脚本を依頼されるが、
子供の頃、母親が息子の「私」を捨てて恋人とチリに駆け落ちした事が
トラウマとなって恋愛出来なくなり、ロマコメに感情移入出来ない。
脚本は全く進まない。

友人に誘われて行ったパーティで魅力的な「彼女」に出会い、何かを感じる。
あちこちのチャリティパーティをハシゴして「彼女」を見つけ出すが、
「彼女」には婚約者がいた。
ひとまず友人として付き合うが、やがて感情の波に流されてベッドイン。
「私」は本気になるが、「彼女」は婚約者との結婚を進める。

諦めきれない「私」は、脚本を完成させた後、「彼女」の結婚式場を目指す。
式場は見つけられなかったが、
「彼女」の話に出て来た「ハートの彫刻」を頼りに行くと、
結婚を取りやめて、一人佇む「彼女」に出会う。


何だか、人生でずっとモテてきた美男美女の身勝手な話で、
見てるこっちも全く感情移入出来ない。
「私」を含め、登場人物の男性がやたらベラベラ喋りっぱなしなのも疲れる。
グダグダと仕事をサボる脚本家の「私」なのに、
エージェントにはやたら持ち上げられる。
そんなに凄い脚本家って設定なの?
周囲の友達を傷付けたり、迷惑かけたりしっぱなしなのに、何もお咎め無し。
挙句、結婚式に乗り込んで花嫁を奪い去ろうと企てるなんて、勘弁してよ。

人気絶頂のクリス・エヴァンスのみならず、
「彼女」はミッシェル・モナハンで、
ルーク・ウィルソン、ヨアン・グリフィスといった、人気実力俳優も出ている。
皆、どうしたんだろう。
大作に出慣れると、時々軽めの駄作に出演して、ガス抜きするのかな。
ちょい役でビバリー・ダンジェロも出ていた。懐かしい。

PR

タイトルの雰囲気からして、刑事もののサスペンスアクション映画かと思ったら、
社会派のヒューマンドラマ。
ハリソン・フォード主演だけど、
主人公が1人に限定されたストーリーではなく、
いくつかのエピソードが並行して描かれる。


移民関税執行局のベテラン特別捜査官マックスはチームと共に工場へ、
不法移民就労者の摘発に向かう。
怯えて隠れた若い女性ミレヤを見逃そうとするが、
他の捜査官の目に留まり、止む無く連行。
ミレヤは幼い息子の世話をマックスに委ねる。
職務規定に反する為、逡巡するが、ミレヤのメモに従って息子を探し出し、
メキシコの祖父母の元に送り届ける。
その後、ミレヤは国境越えの為の悪い業者に当たり、殺害されてしまう。

役人のコールは、オーストラリアから女優を夢見て来たクレアと出会う。
知人に頼んで就労ビザを出す事を条件に、クレアに関係を求める。
ビザの為の売春と割り切るクレアに対して、コールは真剣になり、
離婚も視野に入れるが、不正が発覚して逮捕され、クレアは強制送還される。

コールの妻弁護士のデニスは、施設に入れられている少女の為に
養父母を探す仕事をしていたが、
夫コールの事件発覚後、少女を引き取る決意をする。

アラブ系の少女タズリマは、
学校で9.11のテロリストに付いての作文を発表し、
クラスメイトから猛反発を受ける。
FBIからはテロリストの共感者として摘発され、出身国に強制送還が決まる。
3歳で母国を出た為、母国語は分からない。
弟妹はアメリカで生まれた為、アメリカの市民権を有している。
家族と引き離され、母親のみがタズリマと共に母国へ帰る。

韓国系の少年ヨンは、家族と共に明日アメリカ市民権取得の宣誓を控えていた。
不良仲間に強盗に誘われ、コンビニに行く。
仲間の1人が勢いで店主を撃ち殺してしまう。
偶然居合わせた捜査官ハミードは強盗メンバーを射殺。
ヨンは巻き込まれた事、明日宣誓式である事を涙ながらに告げると、
ハミードはヨンを逃す。


2009年公開の作品で、
その時期はまだ9.11の記憶も生々しかったに違いない。
10年前の映画を何故WOWOWが今頃放映したのには、
昨今のトランプ大統領の移民廃絶の動きに対抗してと思わされる。

地味な印象の作品だけど、提起された問題は重い。

ハリソン・フォードは大統領や会社重役の印象も強くて、
一介の捜査官として力が限られている様子がまだるっこしい。

普段、あまり炭酸は飲まない。
お腹が膨らんで、ゲフッとなるから。
アルコールに弱くて、ビールもシャンパンも飲まないしね。

でも、蒸し暑い時期は炭酸を口にしたくなる。
身体の中の湿気を弾き飛ばす清涼感が喉元に広がる、

大量には飲めないので、500mlのペットボトルで買う。
それも一気には無理なので、少しずつ飲んでキツく蓋を締めて冷蔵庫に戻し、
また飲みたい時に残りを少しずつ飲む。
翌日にはどうしても気が抜けているけれど、
炭酸のキリッとした感じはかろうじてある。
一般的な2リットルのペットボトルだと、もっとリーズナブルなんだろうけど、
最後までは気が保たない。
ペットボトルを使う事に、後ろめたさはあるけれど、これしか方法が無い。

エアコンの無いアパートに住んでいた時は、
手っ取り早く身体を冷やす為に、牛乳をガブ飲みしていた。
牛乳の空きパックがゴミ箱に積まれていった。

今は、ちょっとお腹に重い感じがして、ガブ飲みとまでは出来ない。

iPhoneから送信

歯久々の歯のお手入れに、歯医者に行った帰り、
知人が駅前のコンビニから出る所に遭遇。

おじさんって、コンビニが好きだ。
色々な新商品が並んでいるのに興味をそそられるのだろう。

普段から家事をしている女性からすると、
スーパーに比べてコンビニは若干割高になるので、
特定の商品、用事が無ければ行かない。

でも、最近は商店街でも小売店がめっきり減って、
ちょっとした家電製品なども買い難くなってしまった。
仕方無しに、ドンキホーテに向かう。

iPhoneから送信

夕方、義妹からメールで、
今朝叔母が亡くなったとの知らせを受けた。
父の弟(次男)の嫁。

父が医師の仕事に就いて実家を出たので、次男が跡を継いだ。
継いだとか言っても、大層なお屋敷とかいうわけではなく、
小さな農家と小さな商店の兼業。
それでも、跡取り息子の嫁というのは苦労が耐えないもので、
農家だった事もあって、叔母は働き詰めだった。
お盆等で親戚が集まる時には、テーブルいっぱいのご馳走を作っていた。

明るくて、苦労を感じさせない人で、
他人に厳しい母も、会う度に褒めていた。

父は弟3人と妹。
母は弟が1人。
合わせて5組、計10人の叔父と叔母がいた訳だが、
櫛の歯が欠けるように、1人、1人と旅立って行く。

急ぎ、ネットで弔電とお花を注文。
味気ないけど、人の手を煩わせずに済むので便利。